日本人も済む街、香港の地域差について

香港と一くくりに言っても、小さな土地の中で、実はいくつかの地域に分かれています。その中で、私が実際に仕事で住んでいた地域を、大きく二つに分けて、違いをご紹介します。

まず、おしゃれで発展したイメージの香港島です。こちら側には、世界の金融の中心や高級ブランドのショップが立ち並び、比較的外国から来た人が多いです。香港と聞いてまずイメージするであろうところは、香港島側にあります。スタイリッシュな建物や英語表記が多く見られます。もちろん庶民向けのレストランも探せばありますが、特に海沿いには高級なレストランが立ち並んでいます。世界三大夜景で有名なビクトリアピークは香港島にあります。町が発展していて、夜も眠らないからこそ、美しい夜景が見られるのでしょう。日本人の駐在員などがよく住んでいるポイントでもあります。

そして、エネルギッシュな印象のクーロン半島です。クーロン半島側に行くと、庶民と思われるの人々の日常が垣間見れます。ローカル色が強く、街の看板も中国語が目立ちます。香港島で見た国と同じところとは思えないほどの差です。中国を感じたいのであれば、クーロン側をおすすめします。ただし、香港島と向かい合っている沿岸には高級住宅街やおしゃれなオフィスビルがあり、よく観光ガイドの写真に出てくる香港のイメージです。こちらも日本人駐在員が生活拠点にしている傾向がありますね。